キャッシング審査時に年収と本人確認のための住所氏名が必要

キャッシングの審査で必要なデータは、年収と本人確認のための住所氏名です。それらを確認する手段として本人確認書類や収入証明書が必要になります。

本人確認書類として一番有効なものは運転免許証ですが、人によっては運転免許証を必要としない人もいるでしょう。この場合はパスポートでも大丈夫です。でも、運転免許証は本人確認書類として一番有効ですから、自動車には乗らないという人であっても、原付免許は取っておくことをお勧めします。

収入証明書は少額の貸付であれば必要としない場合が多いです。消費者金融の場合は、貸付金額が50万円以下で、かつ他の借り入れとの合計が100万以下であれば提出を省略することができます。少額の借り入れであれば運転免許証だけでオッケーなのです。

もっとも、収入証明書は提出してもらいたいのが消費者金融側の本音です。また、提出することで50万円以上の融資限度額をゲットする可能性が出てくるのです。年収が150万円以上の人であれば準備することでより有利な契約を期待できます。

WEB申込の場合は、これらの書類をスマホのカメラで撮ることになります。簡単に撮ることができますが、不安であれば前日にこれらの書類をスキャナーで取り込み、画像ファイルをスマホに保存しておくといいでしょう。仮審査終了後にすぐ送信することが可能です。

必要書類は、審査の過程で必ず確認されます。外出先でキャッシングの申込をするのであれば忘れないようにすることが大切です。