消費者金融であれ、銀行であれ、キャッシングの申込をすると在籍確認の電話は必須です。返済資金の担保となるのはその人の給与だけであり、給与をもらい続けていることの確認をするためには職場で働いていることを確認するしかないためです。

職場に電話があるだけなら別に問題はないのですが、消費者金融を利用していることが勤めている会社にばれるとちょっと大変なことになる場合があります。上司からは日ごろの生活状況を確認されたり、お金を扱っている部署にいるのであれば使い込みをしているのではないかと疑われたりするのです。


在籍確認は省略できる?

あらぬ疑いでトラブルになることは避けたいものですが、消費者金融も顧客に不評なことは分かっているので、必要なければ省略する方向性にあることも事実です。消費者金融によっては一定条件を満たせば、最初から在籍確認の電話をしない申込方法を準備していることもあります。

会社に勤めていることを証明する手段として健康保険証が挙げられます。退職すると返納の必要があるため、持っていることで在籍確認ができます。また、直近の給与明細を確認することでさらに在籍の事実が確実に確認できます。在籍確認を省略している消費者金融はこれらの書類の提示を要求しているのです。

しかし、他の消費者金融も表立って省略するとは言いませんが、顧客から要求があればこれらの書類の提示で在籍確認を省略することがあります。ただし、実際に省略するか否かは審査担当者の判断によりますので、必ずできるとは言い難いことは覚えておく必要があります。