キャッシングをしようと消費者金融の融資説明を見ると「安定した収入がある人」とあります。融資資金の返済のことを考えれば当然ですし、そもそも総量規制がありますから無収入の人にキャッシングができるはずがありません。

しかし、ネット銀行などのWEBを見ると、専業主婦に対してキャッシングができると表示されています。他の銀行系カードローンでも、専業主婦に対してキャッシングの申込ができると表示されています。


旦那に収入があれば専業主婦でもキャッシング可能

収入がないはずの専業主婦にどうしてキャッシングさせるんだろうと思われますが、銀行側は専業主婦に対して貸すのではなく、旦那に対して貸していると考えているのです。専業主婦は確かに収入がないのですが、旦那の給料で生活しているわけですから、お金が全くないわけではありません。

また、専業主婦に対するキャッシングは、融資限度額が少額です。旦那の収入にもよりますが、その銀行のキャッシング限度額の中でも最低限のレベルに留めることが一般的です。当然金利は最高レベルです。

そのため、万が一貸倒があっても被害は少ないのです。とはいえ、専業主婦がキャッシングの申込をする際は大体旦那に内緒で申込をしています。申込の際に旦那の勤務先などを確認していますから、返済が滞るとどのようなことになるかは専業主婦も分かっているはずです。

専業主婦に対するキャッシングは、このように目に見えない「担保」もあることから、収入がないとはいえ成立しているのです。